<PR>

ドライアイ | レーシック難民 合併症のリスク

 レーザー照射の前にフラップを作製するため、角膜の知覚神経が切断され、術後数カ月から1年くらいの間、ドライアイが起きたり、悪化することがあります。これは時間とともに徐々に回復してきますが、回復には個人差があります。(公益社団法人日本眼科医会HP)
  長年コンタクトレンズを使ったいた方、内皮細胞数が少ない方、角膜が薄い方、二重や眼瞼垂下の手術を受けている方、よるに薄眼を開けて寝る癖がある方に時々見られます。起こっても人工涙液、軟膏、涙点プラグなどの処置をすれば、通常一ヶ月ほどで改善します。(矢作医師)

→ 予後の不安

 

 


レーシックで検索すると色々出てきます

 

レーシック

 

 

神戸神奈川アイクリニック

 

 

 

 

オルソケラトロジー

 

 

錦糸眼科

リンク集