<PR>

フラップ関連の合併症 | レーシック難民 合併症のリスク

 マイクロケラトームでフラップを作成するときに、おきる可能性のある合併症にはさまざまなものがあります。具体的には、不完全フラップ(フラップが部分的にしかできない)、シンフラップ(thin flap)、ボタンホールフラップ(フラップが極端に薄くなってフラップ中央に穴ができたり、不規則な形になる場合)、フラップ作成不能(マイクロケラトームの固定に必要な十分な眼圧上昇が得られない)などがあげられます。これらの頻度はいずれも1%未満ですが、重症の場合は、手術前よりも視力が低下することがあります。(根岸医師

→ 層間角膜炎

 

 


レーシックで検索すると色々出てきます

 

レーシック

 

 

神戸神奈川アイクリニック

 

 

 

 

オルソケラトロジー

 

 

錦糸眼科

リンク集