<PR>

医原性ケラテクタジア | レーシック難民 合併症のリスク

 角膜を削った部分が変形を起こし、前方に飛び出してくる症状です。頻度不明となっているのは、手術直後に起こる合併症ではなく、正確なデータがないためです。医原性ケラテクタジアを起こすと、徐々に角膜の屈折力が変化して、治療する前よりもさらに近視が強くなってしまったり、強度の乱視になることがあります。眼鏡やコンタクトレンズを装用しても矯正できない重症例では、角膜移植が必要になることもあります。(根岸医師)
  重篤な合併症で、術後に薄くなった角膜が眼圧の影響を受けて隆起する現象です。こうしたことを防ぐため、学会では角膜ベッドを250ミクロンメートル以上残すように定めています。錦糸眼科ではさらに安全性を考慮して角膜ベッドを300ミクロンメートル以上残します。(加藤医師)

→ 緑内障のコントロール不良

 

 


レーシックで検索すると色々出てきます

 

レーシック

 

 

神戸神奈川アイクリニック

 

 

 

 

オルソケラトロジー

 

 

錦糸眼科

リンク集