<PR>

どうしてレーシック難民が生まれるのか

 レーシック難民が生まれるのは、大きく2つの理由によります。

 一つは、病院側の手術のミスによるものです。

 レーザーの照射位置がズレてしまう、「偏心照射」や、レーザーの照射量不足による「矯正不足」が原因で視力症状を引き起こすというものです。(吉田医師)

 もう一つは、一見手術が成功し、検査のデータ上は成功しているように見えても、何らかのトラブルが生じているケースです。

 この後者の例について、吉田医師は次のように述べています。
 「レーシック難民」が生まれる背景には、安価な手術料金を実現するためにレーシックの手術の効率化を図り、商品化された「視力1.5」を確実につくり出すために画一的な矯正を行うという実態があります。また、患者側の視力に対する認識が間違っているという問題もあります。
  遠方視力1.5=いい視力という思い込みが問題を引き起こし、その結果、様々なトラブルが生じているのです。典型的な「レーシック難民」の目は、客観的に見て明らかな問題が起きているようには見えませんし、検査のデータ上は成功しているように見えてしまいます。
 つまり、結果として手術を受けた人に不都合が生じているが、検査上のデータでは手術が成功しているため、手術を受けた病院では積極的な治療が受けれず、一般眼科に行ってもレーシックの治療についての知識がないため問題が解決しない、といった状態に陥るのです。
 よく、レーシック手術の失敗といえば、前者の手術の致命的なミスを思いうかべる人が多いと思いますが、実際手術のミスというのは稀で、レーシック難民のほとんどは後者のケースなのです。
 そして、後者のケースで起こる不都合は様々なものがありますが、その中でも一番多いのが、過矯正というものです。

 → トラブルの大半は過矯正

 

 


レーシックで検索すると色々出てきます

 

レーシック

 

 

神戸神奈川アイクリニック

 

 

 

 

オルソケラトロジー

 

 

錦糸眼科

リンク集