<PR>

本田圭佑 | レーシック失敗の真偽

 ? サッカー日本代表の本田圭佑選手はレーシック手術で失敗したのではないか――。

?インターネットでレーシックについて調べると、こんなうわさ話が出ているが、週刊ダイヤモンド編集部の取材により、本田選手がレーシックで失敗したといううわさはデマであったことが分かった。本田選手のレーシック手術を執刀したSBC新宿近視クリニックの安田佳守臣院長・医師への取材で判明した。

?安田医師によれば、このほど本田選手の手術1年後の検診を行い、視力は手術直後と同等で左右共に1.5をキープしており、見え方にも問題は発生していなかったという。また術後はドライアイがあったものの、徐々に回復しつつあるようだ。

?詳細は、以下の本田選手と安田医師によるロング対談を読んでほしい。この対談は検診時に行われたもので、SBC新宿近視クリニックから「週刊ダイヤモンド」が独占的に提供を受けている。本田選手はSBC新宿近視クリニックの広告に出演しており、ネットや雑誌でレーシック問題が間違って伝えられていることから、対談の形で正しい情報発信をすることにしたという。(「週刊ダイヤモンド」レーシック問題取材班)

本田選手×安田医師対談
手術後は明らかな違い
結果はすぐプレーに現れた

本田選手?以前、視力は0.5以下くらいだったんですね。プレーする時もすごくストレスを抱えていて、ミリ単位でボールを捉えないといけないので。特にストレスを抱えていたのは得意のボレーシュートとか、野球でいうと来た球をダイレクトに当てる時にかなりストレスを感じていたんです。

?手術前はボールがぼやけていたのが、手術後では明らかに差が出ましたね。究極に言ったら味方の顔もぼやけていました。

?遠い時は70〜80m離れているので、ボールを見ながら、向こうも瞬間的に敵か味方かを見分けなければいけなくて、ユニフォームの色で違いはわかりますが、それが味方の誰かというところが重要なんですね。それでボールを出す場所が変わってきたりするので、そういう部分もありますね(それがはっきりわかるようになった)。

司会?ではレーシックの効果はすぐ試合にも現れたのですか?

本田選手?すぐに結果に現れましたし、ゴール数としても明らかに結果に現れたし、ボレーシュートの数にも現れた。元々得意なプレーだったので。

司会?ちなみにいつごろから低視力になったのでしょうか?

本田選手?若い頃は、2.0あったんですよ。若い頃といっても18歳で高校卒業して、名古屋グランパスに入ったんですけど、そのころはまだ2.0だったんですよ。なんのストレスもなく、そこから海外に行ったんです。オランダのホテルにずっと泊まってたんですけど、全部間接照明で暗くて、そんななかで本を読んだり、ビデオを見たり、パソコンをしていたんで、たぶんそこで急激に視力が落ちたんだと思いますね。いきなりでしたね。

安田佳守臣・SBC新宿近視クリニック院長・医師?Photo:DIAMOND?WEEKLY

司会?安田先生、そんな急に視力が落ちることはあるものなのですか?

安田医師?生活環境が変わればありますね、それが急に変わったらストレスもあるので視力が落ちることも有り得る話だと思いますね。

司会?低視力で私生活で困ったことはありませんでしたか?

本田選手?私生活では、ぼやけるくらいのことがあったとしても、受け入れられる部分があるんですよ。

?もちろん、海外へ行ってパソコンをしたり、本を読む時間が長くなって目が疲れる速度は速くなったと思いますが。ただ、僕は仕事がサッカーで、仕事にエネルギーのほとんど注ぎ込んでいるので、仕事でストレスは抱えたくなかったんですね。サッカーでぼやけるのが一番つらかったですね。

安田医師?私生活で0.5というのは、運転などをしないかぎり、それほど不便があるという視力ではないんですよ。逆に手術をして視力がいきなり良くなったことで不便になったことはありますか?

本田選手?よほどのことがない限りは今の段階でマイナス面は感じられないですね。実は昔からね、試合後は寝れないんですよ。手術する、しないにかかわらずね。ナイターの試合だと9時、10時に終わって、色々と考え事をしたり、本を読んでいるとだいたい朝の5時くらいまで寝れないんですよ。がんばっても3時くらいで。

?それで朝の8時からトレーニングがスタートしますからね。そういう時間までがんばってたら「ああ、目が疲れているな」というのはありますけど。

司会?手術後、自分で何か目のケアはされましたか?

本田選手?最初の方はドライアイがあったので、もらった目薬をさして対処しているくらいですよ。ただその頻度というのは日を追うごとに減ってますね。

?あえて言うのであれば手術前と比べると例えば、目をずうっと開けている時間が短くなったかもしれませんね。瞬きの回数が増えたとか。

安田医師?一般的には半年〜1年くらいでドライアイは元の状態に戻るケースが多いですね。もうそろそろ回復時期ではないでしょうかね。

「悪くなったから手術する」
そうシンプルに考える

司会?レーシックのことでチームメイトに相談や不安のことを話したりはしましたか?

本田選手?そんな話はしたことはないですね、親族もレーシックをしていますしね。不安は全くなかったですね。僕は膝の手術をしたんですけど、「手術」というものに全く抵抗がないんですよ。「悪くなったから手術する」、シンプルに考えてますよ。

?そこに関しては非常に満足していますよ。よくなるというのは親族に聞いて、それでよくなって。「ああ、ええな」と、ただそれだけのことで。

?それまでは、コンタクトレンズをしていたんですけど、どんな良いコンタクトでも違和感がすごいんですよ。できるだけナチュラルな状態でプレーしたいですけど、その違和感があってそれが一番いやでしたね、なんか気持ち悪いなという感じでしたね。

司会?試合中にコンタクトがとれたりはしませんでしたか?

本田選手?それはなかったですね、たまに試合でぶつかってコンタクトがとれてベンチから持ってきてもらう選手がいますけど、僕自身が体験したことはなかったです。それが裸眼でプレーできるというのは、全く不安がないというより、期待のほうが大きかったですね。

司会?同じチームでコンタクトしている人は結構いるのでしょうか?

本田選手?マコ(長谷部選手)がコンタクトをしています。そんなにプライベートな話はしないんですけど、なんで知っているかって言ったら、練習場に行く時に僕はマコといっしょの席なんですよ。いつも練習場にいく手前くらいでコンタクトをしているんですよ。それを目の当たりにしているんで、ああコンタクトをしているんだなと気がつきましたね。それがまた上手くコンタクトつけるんですよ。

司会?レーシックをしたことについて、ロシアの所属チームのメンバーなどには話しましたか?

本田選手?いや、元々ロシアのチームメイトとはそれほど多くは、しゃべらないんですよ。まずロシア人は英語がダメなんですよ。しゃべれないので、ロシア人と話す時は通訳を介します。なのでサッカーの戦術の話をすることがあっても、私生活までは話すことがないんですよ。

?うちのチームは外国人も多いんですね。外国人は8割は英語で話すので、外国人とは家族の話や趣味の話だったりプライベートの話をしています。別に仲が悪いわけじゃないんですけど、食事会場でもロシア人テーブルと外国人テーブルで自然と別れてしまうんですよ。

?試合となれば、やはりああだこうだ言うわけですけど、細かい話は通訳を全てつけますね。

司会?ところで本田選手がレーシックを受けたことに対してネガティブな報道が多かったんですがそのあたりをどう感じましたか?

本田選手?僕もそのネガティブな報道については知っていたんですけど、まあ、この結果を見てもらって、僕自身何の後悔もないですから、むしろ助けられている部分が多いですから。
司会?先ほど本をよく読んでいるということを伺いましたが、どんな本を読みますか?

本田選手?僕は小説は一切読まないんです。フィクションはあまり興味がなくて。

?成功者の方々の本を読んで色々なロールモデルを学ばせていただいていますけど、例えばユニクロの柳井さんやジョブズなどがありますけど、最近でいうとドラッカーの本はすごく読んでいます。「すごいことを言う人だな」って。

?経営哲学や倫理や組織論だったり深く生涯をかけて追求した人だったので、組織の話をいろいろな例えを使って教えてくれるので、すごい勉強になりますね。

司会?他の選手と本の話をしますか?

本田選手?代表のテーブルでは、本の話はしませんね(笑)。

?ただ、マコ(長谷部選手)とだったらできるかもしれませんね。マコは本が好きですね。白洲次郎の本を読んでいた時に、たまたまカバンが開いていて、それをマコが見て「白洲次郎読んでんだ」って言われまして。「なんで白洲次郎を知ってんの?」ってなりましたね。だから多分マコは僕より本を読んでいると思いますよ。

?最近、最後までいかないんですよ、なんかフィットしないんでしょうね。そんなことありません??3日空いたりとか。読むと結構集中して一気に読んじゃいますけどね。本を読んでいいことが書いてあれば、ノートに忘れないようにつけているんですよ。

司会?レーシックの手術後の結果に満足していただけているとしたら、どんな人にオススメですか?

本田選手?もちろん、満足しています。勧めたいのは、もちろん一般の方もそうですけど、やはりスポーツ選手ですね。さきほども言ったように特にプロスポーツ選手というのは細かいんですよ。ミリ単位なんです。一般の方からすれば僕みたいな大胆な発言する人は大雑把と思うかもしれませんが、すごく繊細な部分で作業していて、それを試合に向けて、普段から細かい同じことの繰り返しなんですよ。そのなかで「見えない」というストレスを抱えるのは本当に悪影響です。

?それは間違いないですよ。だから一番変わるのは、野球選手や瞬間的にボールを捉えるスポーツ選手は、やれば絶対変わりますから。

出典「ダイヤモンド・オンライン」

→ 井端弘和の真偽

 


レーシックで検索すると色々出てきます

 

レーシック

 

 

神戸神奈川アイクリニック

 

 

 

 

オルソケラトロジー

 

 

錦糸眼科

リンク集