<PR>

レーシック難民の手記1(手術ミスによるもの)

 まず、手術ミスによるレーシック難民について紹介します(出典:週刊ダイヤモンド2013/0316)
 2月下旬、大阪市内の飲食店に男女6人がひっそりと集まった。住所も年齢もばらばらの6人に共通するのは、レーシック手術の後遺症に苦しめられていることだ。
 「この目の痛みが一生続くならば、自殺しようかと思いました」
 こう口を開いたのは石川県の大岡竜治さん(33歳)だ。大岡さんは2010年7月、愛知県内の大手クリニックでレーシック手術を受けた。術後、多少の乱視はあったものの、痛みはなかった。だが、6か月後の検査で突然、再手術を告げられた。1回目の手術で、レーザーが目の中心からずれる偏心照射があり、乱視になっているというのが理由だった。再手術後、目の異変が始まった。
 「物が二重に見え、目の痛みが始まりました。頭の奥から眼球を握りつぶして引っ張られる感じで、目を閉じても開けても痛くて痛くて、夜も眠れませんでした」
 手術を受けたクリニックに相談しても「数字上は問題ない。乱視が減って幸せなはずだ」と突き放された。別の眼科医でも原因はわからないまま。痛みで物が見えず、仕事を辞め、精神科の門をたたいた。自殺を図ったのもこのころだった。

→ レーシック難民の手記2(過矯正)



 


レーシックで検索すると色々出てきます

 

レーシック

 

 

神戸神奈川アイクリニック

 

 

 

 

オルソケラトロジー

 

 

錦糸眼科

リンク集