<PR>

ハロ | レーシック難民 見え方のリスク

 
 明るい光源の周囲がにじんだように見えることがあります。強度の近視で手術を受けた方、瞳孔が大きい若い方などに特に強く見られます。通常は、三ヶ月をピークとして徐々に小さくなっていきます。残った場合でも年齢が進むと消えていきます。(矢作医師)
 このハロと、後述するグレアは、「手術直後におこる夜間の見えづらさ、まぶしさ(ハロ・グレア)は必ず出ますが、 時間の経過とともに軽減されます。」(かわもと眼科HP)とあるように、@必ず出るもの、A時間の経過とともに軽減されるもの、というのがポイントです。
 私自身も、手術直後にはハロ・グレアを感じましたが。しかし、半年経過した際にはまったく気になることはありません。

グレア | レーシック 見え方のリスク


 夜間、強い光を見た時、ギラギラしたような眩しさを感じ、見えにくくなります。(矢作医師)
  夜間の瞳孔径の大きな人などでは、フラップのエッジ付近から散乱光が眼に入るために、夜間の対向車のライトをまぶしく感じたりする、グレアという現象が起こる場合があります。ほとんどは術後数ヶ月で軽快します。(加藤医師)

 → 過矯正


 


レーシックで検索すると色々出てきます

 

レーシック

 

 

神戸神奈川アイクリニック

 

 

 

 

オルソケラトロジー

 

 

錦糸眼科

リンク集