<PR>

不正乱視 | レーシック難民 見え方のリスク

 フラップを戻した後、微小なズレや皺ができ、これが原因で不規則な乱視が起こる場合があります。これを不正乱視と言います。(根岸医師)
 カッパー角(視軸と眼軸のズレ)を考慮せずにエキシマレーザーを照射すると、偏心照射が起こり不正乱視が生じることがある。 (吉田医師)
 

 このように、歪んだ状態のイメージとなります。


→ 視力低下








 

 


レーシックで検索すると色々出てきます

 

レーシック

 

 

神戸神奈川アイクリニック

 

 

 

 

オルソケラトロジー

 

 

錦糸眼科

リンク集