<PR>

矯正不足 | レーシック難民 見え方のリスク

 レーザーの照射量不足による。術前検査のデータを基にレーザー照射量を決定しても、角膜の固さや厚さ、カーブの度合い、手術室の温度や湿度によって影響を受け、狙いどおりの視力が得られない場合がある。(吉田医師)
 この矯正不足については、多くのクリニックは保証を設けています。
 例えば、視力1.0に満たなければ再手術を行う、というところがあります。
 大手クリニックはこの保証制度に縛られ、1.5を画一的に確保するような手術をしますが、一方で、吉田医師によれば、「デスクワークなどで近くを見続けて目を酷使することが多い現代の日本人には、視力0.7〜1.0もあれば十分で、かえって近くも遠くも見やすい。」とされています。

 → 不正乱視














 


レーシックで検索すると色々出てきます

 

レーシック

 

 

神戸神奈川アイクリニック

 

 

 

 

オルソケラトロジー

 

 

錦糸眼科

リンク集