<PR>

視力低下 | レーシック難民 見え方のリスク

 術後、屈折矯正効果の戻りなどの変化が起きることがあります。角膜のレーザーで削られて薄くなった部分が突出してくるためではないかと考えられています。多くの場合はレーザーの再照射(再手術)によって補正できますが、残った角膜の厚みや矯正度数の問題で再手術ができないこともあります。(公益社団法人日本眼科医会HP)
  近視が戻る確率は、もともとの近視の度数によっても異なります。このような場合には、角膜に十分な厚みが残っていることが確認されれば、再度角膜を削る追加矯正手術を行うことができます。実際慶應義塾大学病院では全体の5%程度の方が近視の戻りのために追加矯正手術を受けています。(根岸医師)  5%ほどの頻度で軽い近視の戻りが認められる。(加藤医師)
 
 一旦視力が回復して、その後にもとに戻るという症例は少なくないようです。
 ただし、クリニックによっては、この視力低下に保証制度を設けていて、再手術の費用を見てくれる場合があります。

→ コントラストの低下

 

 


レーシックで検索すると色々出てきます

 

レーシック

 

 

神戸神奈川アイクリニック

 

 

 

 

オルソケラトロジー

 

 

錦糸眼科

リンク集